QLOOKアクセス解析

犬 愛情表現

超人気ペット用ブラシ「フーリー」

 

犬のブラシ

フーリーの説明

⇒フーリーの公式ページはこちら

犬の愛情表現の方法

犬はとても表情豊かな生き物です。
飼い主への愛情もしっかりと向けてくれ、
その愛くるしい姿をもって飼い主を癒してくれる存在でもあります。

 

あなたは、この犬の愛情表現の方法、どんなものかご存知ですか?
よくあるものから知らないかもしれないものまでご紹介しましょう。

尻尾を振る

これはよく知られているでしょう。嬉しければ嬉しいほど尻尾の振り方も激しくなります。
円状に尻尾を振り回しているような状態の時が最も嬉しいときです。

お腹を見せる

愛情表現という意味もありますが、どちらかというと服従・信頼しているという意味です。
お腹は弱い部分。ここを見せるということは
すなわち「あなたに自分の魂を捧げます」という意味です。

前足ステップ

前足を揃えて、ステップを踏みます。
これは若い犬によく見られる動作で「遊ぼう!」と誘っているのです。

目を見る

目を輝かせてあなたを見ているというのも愛情表現です。
次にどんなことを言ってくれるのか、と待っているのです。

お尻を向ける

背後というのは犬にとっては死角です。そこを向けるということは信頼しているという証拠です。
人間からも犬にお尻を向けてあげましょう。これが犬式の挨拶でもありますから。

 

 

いかがでしょうか。
犬は他にもいろいろな愛情表現を持っています。
膝に乗ってきたりするのも、愛情表現のひとつだと言われています。

 

あなたの犬はどんな愛情表現をしてくれますか?
今度、じっくり愛犬を観察してみてはいかがですか?新しい愛情表現を見つけるかもしれませんよ?